会社関係ですと、それほどプライベートな付き合いがない場合は、相手の好みなどがわからないと思いますので、そんな際はやはり、選べる贈り物、カタログギフトが良いでしょう。
好みもセンスも趣味もわからない相手でしたら、品物を選ぶ方も大変ですし、もらう方にとっても、やはり、商品券や現金と同様に、カタログギフトも人気があります。
目上の方でしたら、無難なところで、三越や、高島屋など人気の老舗百貨店のカタログギフトなど、いかがでしょうか。

贈り物の中には、結婚披露宴に出席してくれた方へ、感謝の気持ちを表現するための贈り物があります。
みなさんもよくご存知の「引出物」です。
昔からの習慣で、これは、現在でも根強く行われていますよね。
最近では、結婚披露宴を行わず、結婚パーティーと言う形式も人気があります。
参加料を頂いて、お祝いの会を開くというケースも多いです。
このような場合は、参加料も披露宴のお祝い金と比べたら、高額ではありませんし、引き出物が出ないこともあります。
ですが、パーティーに来てくれた方へ感謝の思いを込めて、お土産に記念品となる小物などを用意している場合もあります。
パーティーの参加費用とは別に、お祝い金を頂くケースもあると思いますが、それに対しては内祝いをお返ししましょう。
結婚式の引き出物には、全員に同じ品物を用意することが多いですが、内容は選べるため、親戚にはこの品、友達にはこの品と、分けるケースも増えています。

新郎新婦と列席者の関係性によって、引き出物を分けることは、相手のニーズを考慮していることになりますので、こうしたやり方も人気があるようです。
ちなみに、夫婦、そろっての出席に対しても、本来なら、一人ずつに引き出物を贈るのが礼儀です。
それから、引き出物として人気があるものが、なんと言っても、カタログギフトでしょう。
若い人、年配の方、いろいろな年齢層がいらっしゃるのですから、同じ引き出物でみなさんが喜ぶことは難しいですよね。
ですから、引き出物をもらうほうも、カタログギフトだと嬉しいという人が多いことも率直な気持ちだと思います。

また、カタログギフトの場合、披露宴は欠席したけれど、結婚祝を頂いた方へのお返しとしても人気があります。
お祝いをいただいた方に対してお返しをすることを 「内祝い」と呼びます。
相場は、お祝い金の3分の1から、2分の1程度ですので、それに見合った金額のカタログギフトを選べばよいだけです。
どこの会社のカタログギフトも価格帯がいくつかにわかれていますから、ちょうどよい金額のカタログギフトを「内祝い」としてお返ししましょう。
特に内祝いなどで使われることが多い、三越のカタログギフトは、値段が細かく分かれていて選びやすいことも人気です。
礼儀として、結婚式が終わってから、一ヶ月以内に贈りましょう。
また、結婚内祝いと 同様に、出産祝のお返しも、3分の1程度の品物を内祝いとしてお返しするのが一般的です。
この場合、「のし」には、生まれた子供の名前を書きます。
生後、一ヶ月ぐらいに贈ることが一般的です。

みなさんは、出産祝を贈ったことはありますか?
近しい人が出産した場合、「おめでとう!」の気持ちを込めて贈ります。
もちろん、「すくすく元気に育ってください」と言う、赤ちゃんへの気持ちも込めるものでもあります。
そんな出産祝には、どんな品物を贈ったら、相手が喜ぶのでしょうか?
贈り物を受け取るママが本当に喜んでくれるのは、これから育児に使う品物でしょう。
中には、ベビーグッズを贈る方も多いですが、これが他に贈っている方と、品物がダブってしまっていては、とても残念です。
哺乳瓶セットや、抱っこ紐、ベビージムや、赤ちゃんのおもちゃなど、定番のグッズはもちろん喜ばれるでしょうが、ダブる可能性も高いです。
すでに、ママさんが買ってしまって用意している場合もあるでしょうから、親しい方でしたら、「哺乳瓶セットはある?」とか、聞いてしまうことがベストですね。
また、すぐに使わないもの、食器セットや、二歳、三歳で使うものなどでしたら、今から用意はしていないでしょうから、近い将来に使うベビーグッズも人気があります。
もちろん、好きなものを買えるように、商品券や、現金なども嬉しいでしょうし、やはり、カタログギフトも定番で人気です。
ベビー用品専門のカタログギフトもありますので、ママにも喜ばれそうですね。
そして、時期は生まれてから一ヶ月以内に贈るようにしたいですね。
出産祝の相場ですが、親戚、兄弟、姉妹でしたら、1万円から3万円くらいと思っておけばよいでしょう。
友人、知人でしたら、5000円位でしょう。

みなさんは、母の日のプレゼントに、どのようなものを贈っていますか?
昔から、母の日と言えば、定番はお花のカーネーションでしたよね。
私の場合、小学生や中学生のころには、母の日にエプロンを贈っていました。
大人になってからは、バッグや洋服をプレゼントしています。
社会人になって、初めてボーナスが出た際には、母の日より遅くなりましたが、温泉旅行をプレゼントしたこともありました。
お母さんには、いつまでも、元気でいてほしいですから、健康グッズなどもプレゼントとして人気があるようです。
このように、日ごろの感謝の思いを込めて、母の日に贈り物をする方も多いでしょう。

そして、最近では、母の日にカタログギフトを贈る人も増加しているのです。
カタログギフトと言えば、よく引き出物で「もらいたい品物」の上位に入るほど人気があります。
そのカタログギフトが、母の日にも使えるというのです。

もちろん、お母さんにプレゼントする品物を、何にしたらよいのか、じっくりと選んであげることも、親孝行だと思います。
また、お母さんが普段から欲しがっていたものを買ってあげることも良いでしょう。
電化製品だったり、身のまわりのものだったり、アクセサリーだったり、食事だったり、欲しいものを直接、聞いて買ってあげることも、もちろん、喜ばれると思います。
それもそうなのですが、サプライズでプレゼントをすることは、贈る側も贈られる側も、とても楽しいものですよね。

サプライズが嬉しいという点から考えてみれば、母の日に何を買ったら嬉しいのか、本人が欲しいものを聞いてしまっては、当然ながら、サプライズになりません。
そこで、カタログギフトが登場します。

カタログギフトが、母の日のプレゼントとして、近年、人気が出ている理由がちゃんとあるのです。
それは、カタログギフトを一回、贈るだけで、三度の楽しみが味わえるという点です。
まずは、もらったときにサプライズの喜びがありますよね。
次に、カタログから商品を選ぶ楽しみもあります。
そして、さらに、選んだ商品が届いたときに、贈ってもらった感動がやってきます。
このように、一回のプレゼントで三度、嬉しいものが、カタログギフトなのです。

また、最近では、カタログギフトの種類も豊富になってきました。
なかなか、手に入りにくい、厳然されたグルメ商品などもありますので、食べることが好きなお母さんにはぴったりのプレゼントでしょう。
それから、普段の生活に華を添えるような、センスの良いインテリアのカタログギフトなども、母の日用に人気があります。
また、ちょっとお値段を上げると、温泉旅行のカタログギフトもありますし、エステチケットや、乗馬チケットが選べるものもあります。
お値段も、高いものだけでなく、お手頃な価格から、高級なものまであり、贈りたい予算で選べることも人気です。

母の日に贈りたいものの中で、お勧めは、体験ギフトです。
商品ではなく、体験ギフトが人気を集めています。

例えば、母の日ようのカタログギフトで、どんな体験ギフトが選べるのかと言いますと、旅行、宿泊、レストランでの食事、ホテルのスパ、エステなどです。
昔からの定番は、母の日にプレゼントとして物を贈ることでしたが、現在はこのように、思い出と楽しみをプレゼントできることから、カタログギフトが人気なのです。
温泉の中でも、源泉かけ流しの温泉宿だったり、セレブご用達の高級ホテルの宿泊だったり、VIPのようなエステ体験だったり、きっと喜んでもらえると思いますよ。
お母さんは、いつもいつも、家事や仕事や、家族の世話で、忙しい毎日を送っていますからね。
こうした、機会に、日常から離れて、夢のような素敵な時間を過ごして、気持ちも体もリフレッシュしてもらえれば、贈った側も嬉しいですよね。

さて、そんな母の日にお勧めなのは、リンベルのコトギフトです。
宿泊や、お食事、日帰り温泉、また、ホテルスパの4ジャンルなど、合計10コースの中から選べるカタログギフトです。
有名なフォーシーズンズホテル椿山荘内のスパトリートメントもありますし、鬼怒川金谷ホテルの日帰り温泉とランチなどもあります。
贅沢で、ゆったりとした時間をお母さんにプレゼントすることができると、リンベルのコトギフトは人気があります。
しかも、高級感を演出している包装やパッケージなども、無料となっていて、もらったときの喜びが倍増するでしょう。
それから、KURIMO(クーリモ)のカタログギフトも母の日用として人気があります。

KURIMOは、みなさんも、よくご存知の通販会社、ベルメゾンでおなじみの千趣会が立ち上げたギフト専門サイトです。
KURIMO(クーリモ)は、ギフト専門ですので、ラッピングやメッセージカードなども、種類が豊富で贈る側も楽しく選べることが人気の秘訣です。
さらに、配達してくれる段ボール箱まで、とても可愛いデザインになっています。
また、注文したその日に届くスピードサービスもありますので、すぐにプレゼントを贈りたいと言う方にも人気のショップです。

「WEBGIFT・JP」と言うカタログギフトは、体験系のプレゼントが満載でとても人気を集めています。
例えば、ゴージャスでロマンチックな雰囲気のディナークルージングもありますし、運動好きなお母さんには、専門トレーナーがついた高齢者向け運動レッスン体験もあります。
ですから、「普通のギフトカタログはイヤ」と言う方、ちょっと変わったギフトカタログを探している方に、お勧めです。
ラッピングしてくれる素材も、数百種類から選べますので、あなたのお母さんの好みに合わせた色や柄でラッピングしてもらいましょう。

さて、体験ギフトも母の日に人気がありますが、食べることが大好きなお母さんには、普段、口にできないようなお食事を贅沢に楽しんでもらいましょう。
ゆっくりと、美味しい食事を堪能できる、グルメ用のカタログギフトもあります。
お母さんたちは、毎日、毎日、家族の食事を作ったり、後片づけをしたり、本当に忙しいですよね。

母の日ぐらいは、おいしい食事をゆっくりと楽しんで欲しいということで、グルメカタログギフトをプレゼントする人が増えています。
人気がある理由は、普段の食卓には出ないような、ちょっと贅沢な食品が多いという点でしょう。
例えば、下関のとらふぐの刺身ですとか、霜降りが芸術的な近江牛肉ですとか、普段の生活では食べられないような高級品が楽しめます。
それに、もらったお母さんは、どれにしようか、カタログを見ている時間もきっと幸せに浸れるはずです。

母の日にお勧めのグルメカタログギフトは、「セコムの食」です。
セコムが厳選した安全で安心の食材が掲載されています。
中でも人気があるのは、近江牛のすき焼き肉や、北海道産いくら漬けなどでしょう。
多くの商品は、どのような生産者なのか、写真入りで紹介されています。
カタログを見ているだけでも、どのような方が丹精込めて作ったのか、一目でわかりますので、安心感して選ぶことが出来ますね。
セコムの食は、コースが14種類、お値段は3650円のコースから、32000のコースまであります。
姉妹や、兄弟で、お金を出し合って高いコースをプレゼントしても良いでしょうね。

それから、三越のカタログギフトの「味のお取り寄せ便・味覚百景」も人気があります。
さすが、天下の三越と言われるほど、セレブなグルメを取り揃えていることが特徴です。
例えば、東京の料亭、吉兆の黒毛和牛の西京漬けもあります。
中華と言えば聘珍樓(へいちんろう)ですが、そこのフカヒレスープもあります。

高級料理店のグルメの中から選べるようなカタログギフトは、特別な日に贈るプレゼントとして最適でしょう。
グルメカタログは全部で10種類あり、お値段は、3780円から53130円のコースがあります。
掲載商品はコースによって違いますが、120点から300点と言う数の多さも人気の秘訣です。
母の日のプレゼントに、ぴったりな三越のグルメカタログギフト、とてもお勧めですよ。

それから、伊勢丹セレクトギフトも母の日に美味しいグルメ商品を贈ることができます。
伊勢丹バイヤーが選んだ、グルメはこだわりの商品ばかりです。
特に人気があるものは、京都府丹波産の松茸、また、日本橋千疋屋総本店から送られる季節の果物詰合せなどです。
生鮮品もありますし、名産品も数、多く取り揃えています。
伊勢丹というデパートならではの品揃えだと言えるでしょう。
気になるお値段は、3885円から53235円のコースと、お手軽なお値段からスタートしていますので、母の日には、伊勢丹のカタログギフトも検討してみて下さいね。

それから、母の日に贈るギフトに使えるカタログと言えば、やはり昔から人気があるものが、厳選された小物やアクセサリー、インテリア雑貨などが載ったものです。
たくさんの雑貨からお母さんに好みのものを選んで欲しいなら、ギフト専門サイト「COCOMO」のカタログギフトでしょう。
世界中から名品がピックアップされていますし、職人技を凝集してある日本伝統芸術の小物など、上質で、おしゃれな雑貨が掲載されています。

写真集を見ているかのような「COCOMO」は、カタログ自体も人気があります。
眺めているだけでも楽しい、そんなカタログギフト、「COCOMO」は母の日にお勧めです。

また、カタログギフトと言えば、以前から、定番中の定番が「シャディ」でしょう。
贈答品で昔から超有名なシャディのカタログギフトは、母の日にも人気があります。
みなさんもご存知の「アズユーライク」ですが、選べるコースは13つあります。
シャディが低価格のコースもありますので、そこが人気を呼んでいますよね。
2625円から105525円までと言う幅広いコースが魅力的です。
カタログ一冊には、グルメや、商品、体験ギフトなど、すべてのジャンルが幅広く掲載されていることもポイントが高いですね。

それから、40代から60代向けの人気雑誌、「婦人画報」もカタログギフトを出していますが、みなさんはご存知でしたか?
婦人画報編集部が厳選している、贅沢なものが盛りだくさんなカタログギフトなのです。
60種類以上の中から選ぶことが出来て、低価格な2100円から、上は105525円までと価格の幅が広いことでも知られています。
婦人画法の年代に、ドンピシャなお母様でしたら、母の日に素敵なギフトが見つかると思いますよ。

母の日にお勧めのカタログギフトをご紹介してきましたが、さらに、お花を添えてみるということもお勧めです。
美しいお花といっしょにカタログギフトを贈るなんて、とても素敵ですよね。
最近、人気上昇中の「花と食の散歩道BunBunBee」は、可愛いアレンジのお花がたくさんあります。
ケーキや和菓子と、セットになった母の日用のフラワーセットも人気がありますので、是非、チェックしてみて下さいね。

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY